■  顔のたるみにお悩みの方へ!



  年とともに、なんだか顔に張りがなくなり、顔がたるんできた
  なんてこと、どなたも悩みの種ですよね。たるみによって、
  せっかくの顔の輪郭も崩れます。肌がたるむと、それだけでも
  ふけて見えますよね。
  では、なぜ人の顔はたるみが出るのでしょう。

  たるみと言えば、皮膚の弾力が衰えて生じるものですから、
  まさしく老化現象なのです。肌の弾力はコラーゲンによって
  保たれているのですが、肌のたるみは、年齢とともにコラーゲン
  が変質してしまうからだと解明されました。年齢とともに、
  肌の血行が悪くなって、細胞に栄養分がいきわたらなくなった
  とき、コラーゲンもまた、合成能力が低下するのです。

  もちろん、年齢が原因だけではなく、日ごろの紫外線による
  影響も大きいものです。さらにはストレスなどが原因で、
  活性酸素が発生した場合、コラーゲンは破壊されているのですね。

  では、皮膚の構造とたるみはどんな因果関係があるのでしょうか?
  皮膚の外側から、表皮、真皮、皮下組織と呼ばれる3つの組織で、
  皮膚は成り立っています。このうち、肌の弾力二関係する部分は、
  真皮といわれる部分で、表皮の下にあるのですが、厚さは、
  2,3ミリ程度のものです。この真皮が皮膚の大部分を占めて
  いるのです。

  真皮には、水分を含んだヒアルロン酸などが詰まっていて、
  肌の張りや弾力を作るのですが、この真皮の70%程度が
  コラーゲンです。この真皮の水分を保持する力が衰えること
  が原因となって、肌の弾力が衰え、たるみが生じます。
  その結果、肌が、垂れ下がり、年齢とっともに、顔の筋肉にも
  たるみが生じるわけです。

■ スポンサードリンク





  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ フェイスリフトとは
  ★ ボトックスと化粧品
  ★ 顔のたるみと表情
  ★ 頬のたるみを防ぐには
  ★ ほうれい線をなくす