■  目の下のたるみ編



  目の下のたるみは、この部分に脂肪がたまりすぎるのが原因で、
  皮膚が余るために起きるものです。目の下が腫れて見えるんで
  すよね。ものです。年齢とともに、この傾向が強まりますし、
  筋肉も衰えますので、その結果、脂肪が押し出されるわけです。

  また、目の下は、特に皮膚が薄いので、たるみが生じやすい
  場所です。ましてや、いわゆるクマまでできちゃうと、
  ますます、ふけて、疲れた顔になってしまいます。
  下まぶたのたるみは、意外と早い20代後半には見られる
  ものです。あなたはいかがでしょうか?

  では、目の下のたるみの対策を考えてみましょう。
  いくつかありますので、ご自分に適したものを選んでください。


  ・マッサージとパックで

   マッサージは代謝を高めることから、たるみの予防になります
   が、ほかにも皮下脂肪がつきにくくなる利点があります。
   できれば、目元専用のマッサージクリーム=アイクリームなど
   を使うと、たるみを減らす効果が高まります。
   ただし、目の下の皮膚は薄くて、とてもデリケートですので、
   マッサージは静かに行ってください。また、目元の疲れを取る
   には、目の周囲のパックがお勧めです。パックと言っても、
   化粧水や美容液をコットンに浸して目元においておけばいい
   ので、手軽ですね。


  ・紫外線と乾燥に対して

   滋賀伊勢円の影響でコラーゲンが減ったり、年齢とともに、
   コラーゲンは変質します。紫外線対策がどうしても必要ですが、
   これは、ともかく紫外線に当たらないこと。
   さらには、メイクでUVカットのものを使いましょう。
   さらに乾燥肌が肌のたるみを招きます。
   室内の湿度をコントロールすることも大事です。


  ・目の疲れには

   目の疲れが目の下のたるみを招きます。長時間のパソコン作業
   やテレビ、読書などは控えて、睡眠を十分とりましょう。
   目が疲れている時は、目の周囲の血行が悪くなっているものです。
   蒸しタオルで温めたり、温かいアイピローなどを使いましょう。

■ スポンサードリンク





  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ フェイスリフトとは
  ★ ボトックスと化粧品
  ★ 顔のたるみと表情
  ★ 頬のたるみを防ぐには
  ★ ほうれい線をなくす