■  顔のたるみと表情



  顔のたるみが気になっている人は笑ったときの自分の顔に
  自信を失ってしまっている人も少なくありません。また、
  昔と同じように笑っているつもりなのに、写真などで見て
  みると、きちんと笑えていない顔に映っている、など、
  若いときとは違う、と感じてしまうことがあるのではない
  でしょうか。これは、失われるコラーゲンと衰えていく
  筋肉に関係があります。

  実は元々私たちは表情を作るための顔の筋肉はそのほとんど
  を使えていません。その上、年齢とともにその筋肉は衰えて
  いってしまうのです。本来でも3割程度しか表情を作る筋肉
  は使っていないといいますが、それが年齢とともにさらに
  使えなくなってしまうのです。

  また顔のたるみに関係しているコラーゲンの減少ももちろん
  関わってきます。コラーゲンは体内で生成される成分なの
  ですが、年齢とともに自分で作る力が衰えてしまいます。
  そのため自然に補える分ではコラーゲンは不足してしまう
  のです。そして、コラーゲンが減少する、ということは、
  表情を作る筋肉を維持する力自体が衰えてしまう、という
  ことにつながっていきます。つまり、筋肉の力も衰え、
  それを維持する力も衰えてしまうので、思っているよりも
  表情が出ない、という結果になってしまうのです。

  さらには、年齢とともに脂肪が燃焼されなくなっていき、
  蓄積されてしまうようになります。これは顔も例外では
  ないので、筋肉が衰え、その分脂肪が蓄積される、という
  結果につながります。ますます表情が出ない、という現象
  に拍車がかかることになりますね。顔のたるみが気になる
  ような年齢になったら、こうした表情の衰えについても
  意識しておかなくてはなりません。

■ スポンサードリンク





  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ フェイスリフトとは
  ★ ボトックスと化粧品
  ★ 顔のたるみと表情
  ★ 頬のたるみを防ぐには
  ★ ほうれい線をなくす