■  顔のたるみと肌細胞



  顔のたるみが気になり始めたら、色々なことを調べてみると
  思うのですが、口元のシワやたるみとともに気になるという
  人が多いのが目の下のたるみ。これはなぜ起こるのでしょうか。

  目の下のたるみは、一つの原因によって起こっているのでは
  ないのですが、その多くの場合は、実は肌細胞の減少が原因
  だといわれています。目の下の肌細胞が減少してしまうと
  どのようなことが起こるのかというと、減少してしまった分、
  仕方がないので細胞が薄くなってしまうのです。そのため、
  薄く伸ばされたようになってしまうので、たるみとなって
  現れてしまうというわけです。さらに、細胞が減少するだけ
  ではなく、皮膚の弾力性が低下する、ということも目の下の
  たるみには関係しています。

  弾力性を維持する組織自体が緩んでしまうので、目の下が
  たるんだ感じに見えてしまうのです。また、年齢とともに、
  細胞は減少しますが、一つ一つの細胞が膨れたようになる
  傾向があるので、たるんだように見えるのです。目の下の
  ように皮膚の薄い部分は、その傾向が顕著に現れる部分だと
  いうことができるでしょう。また、もちろん筋肉の衰えも
  関係しています。年齢とともに顔の筋肉が衰えてしまう、
  ということは先ほどもお話したと思いますが、当然顔の筋力
  が低下する、ということは、全体が下へ下へと下がっていく
  ことになってしまうのです。

  年齢とともに、さまざまな条件が重なってたるんでしまう、
  ということが目の下を例にとって見てもわかりますね。
  こうした原因をきちんと分析し、必要な処置をとらなくて
  はならないということもわかります。

■ スポンサードリンク





  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ フェイスリフトとは
  ★ ボトックスと化粧品
  ★ 顔のたるみと表情
  ★ 頬のたるみを防ぐには
  ★ ほうれい線をなくす