■  簡単な運動でたるみを改善



  顔のたるみを防ぐために、さまざまな処置がありますが、
  簡単なところでは、日々の運動によって筋力をキープする、
  という方法があります。これは簡単に実践できますし、
  続けることでかなりの効果を期待することができます。

  日々の運動はそんなに負荷も大きいわけではないので、
  気づいたときからしっかりと続けていると、効果は見えて
  くるようになるのではないでしょうか。一番簡単な運動では、
  口角と頬を一緒に引き上げる、という方法があります。
  これを、まずは右の口角と頬を上げて数秒キープ。次は
  左の口角と頬を上げて数秒キープ。という形で交互に動かし、
  これを左右10回ずつのセットで行う、というものです。

  簡単なのですが、効果は抜群です。毎日続けていれば、
  1ヶ月で必ず効果が見えてくると言われています。さらに、
  1日1度、「あいうえお」と口を大きく動かし発音する、
  という運動をしている人もいます。あいうえおを発音して
  みると、実は頬のかなりの筋肉を使うことがわかります。

  大きく動かしてみると日ごろ全体は使っていないなという
  ことを実感するのではないでしょうか。ですから、口角の
  上げ下げの運動に加えて、あいうえおをはっきりと発音する、
  という運動をすることで、顔の表情を豊かにする筋肉を、
  効果的に鍛えることができるのです。年齢とともに顔の筋肉
  は使われなくなり、表情が出にくくなる、といわれています。

  はっきりと言葉を大きく発音する、ということを心がけて
  いるだけでも効果は違ってくるといいます。日ごろの生活
  の中でも、こうした筋肉を鍛える運動になる動きは見つける
  ことができるのではないでしょうか。


■ スポンサードリンク





  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ フェイスリフトとは
  ★ ボトックスと化粧品
  ★ 顔のたるみと表情
  ★ 頬のたるみを防ぐには
  ★ ほうれい線をなくす